最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

金融商品のひとつである、「ETF」を知っていますか?
”Exchange Traded Funds”の頭文字をとったもので、日本語では”上場投資信託”と呼ばれています。
投資信託とは投資家から資金を集めてひとつの大きなものとしてまとめ、運用の専門家が投資家に代わって投資を行っていくという金融商品です。
その運用成果が投資家が出資した投資額に応じて分配される仕組みになります。
上場投資信託はその中でも取引所に上場されているもののことを指します。

たとえば、あなたが
「今後日経平均株価が上がりそうだから日経平均を買いたいな」
と思ったとしましょう。
ですが日経平均株価では225もの銘柄があり、それを全部買うのはとても大きな資金が必要です。
そこで日経平均に連動しているETFを購入することで、日経平均を購入したのと同じ効果が得られるという仕組み。
そのほとんどが少額投資ですので、資金がない方でも気軽に始められる投資と言えるでしょう。

それほど専門知識を持っていなくても始められるので人気の金融商品ですが、リスクも忘れてはいけません。
それは他の投資でも挙げられることが多い
・価格変動リスク
値動きがある金融商品への投資ですので、価格が一定ではないため、投資金額を下回ることが予想されます。
・流動性リスク
保有しているETFを希望する価格・タイミングで売ることができないリスクです。
・信用リスク
株や債券などの発行体(企業や国)が出資者に対して利息や配当といった支払いを行わないリスクを指します。
・価格乖離リスク
市場急変により売買が集中すると対象指数との連動が難しくなり、価格乖離が起こります。
があるのですが、信用リスクに関しては総じて可能性が低いと言われています。
なぜなら、ETFが上場廃止となってもその後一定の買取期間を経るとETFは償還されることになるからです。
しかも、運用会社が万が一破たんしてしまっても、投資家から集めた資金は法律に基づいて運用会社ではなく信託銀行でわけて管理されているので資金ゼロとはなりません。

趣味で投資を始めてみたいと考えている方、いわゆる投資初心者におすすめの投資にはどのようなものがあるのか調べてみたところ、多くのサイトで「株価指数CFD」と呼ばれる投資が一番専門性が低く気軽に始められるということが分かりました。
具体的な株価指数CFDについてご紹介していきましょう。
今後の参考に、ぜひご覧ください。

●株価指数CFDとは?

株価指数をご説明する前に、先にCFDについて記載したいと思います。
「Contract For Difference」の頭文字をとったもので、日本語では「差金決済取引」です。
投資業界で非常に人気が高いFXと同じ証拠金取引の一種で、株価指数CFDの場合は世界各国の株式の値動き(株価指数)が投資対象となります。

では、株価指数とはどのようなものがあるのでしょうか?
日本で最もメジャーな株価指数は”日経平均株価(日経225)”と”東証株価指数(TOPIX)”があります。
よくテレビニュースや新聞などで見かける、耳にする機会が多いですよね。
日経平均株価は東京証券取引所第一部に上場している銘柄のうち、有名企業225銘柄にしぼって算出・公表している数値となり、東証株価指数は東京証券取引所第一部に上場している約1700銘柄すべての平均値となります。

日本の取扱業者のうち、日経225CFD、TOPIXCFDはほとんどの業者で取り扱われているようです。
特に日経225CFDに関しては「くりっく株365」という名称でも人気が高い金融商品なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

株価指数CFDは日本の株価指数のみが投資対象となっているのではなく、アメリカのNYダウ、ドイツのDAX、イギリスのFTSEなど世界の主要国のものもあり、取扱業者によって異なります。
業者によっては中国、香港、インドなどもあるようなので、ご興味がある方は調べてみるとよいでしょう。

●株価指数の魅力とは?

一番魅力として挙げられることが多いのが、「少ない資金で取引ができる」ということ。
証拠金取引なのでレバレッジを用いた取引が可能となり、元本の何倍もの取引ができます。
手持ちの資金量を大きく上回る取引により、大きな収益も狙うことが可能なのでおすすめする投資家が多いのも納得ですね。

日経平均株価は、毎日ニュースでも取り上げられているので素人の方でもなじみのある言葉ですよね。
この日経平均株価は、決められたいくつもの企業の株価の平均のことです。
企業の業績などによって株価が決められますので、株価もその時の日本の経済や業績などによって変わります。

しかし、実は投資家の心理が日経平均株価にも影響があることをご存知でしょうか?

例えば日経平均株価が上昇しているとき。
投資家心理はどうだと思いますか?
おそらく、強気・楽観的でしょう。
まあ株価が上がっているので、これはなんとなくわかりますよね。
しかし、逆に下落しているときは?
悲観的で弱気の方が多いのではないでしょうか?

日経平均株価が下落しているときには、投資家心理はどちらかというと悪いですよね。
このときには、投資家はこれ以上の運用リスクを避けるために、現在所持している株を売る投資家が多いと思います。
この結果、売り注文が殺到しさらに株価が下落することが多いのです。

人の気持ちが日経平均株価に影響する…とは、なんとも不思議なものですよね。
ちなみに投資家心理の変化については、NYダウ平均株価の下落や円高傾向であるなどの報道後に変化することが多くなります。
このようなニュースを見ることで、投資家が「日経平均株価が下落するのではないか…」と不安になり売り注文が増える傾向があります。

しかし、投資家心理が全て日経平均株価に影響する…というわけではありません。
日経平均株価の底打ちが続いている場合は、投資家もこれ以上下がることはないだろう…と投資家心理が楽観的になることもあります。
また、売り注文も落ち着いてくることもあります。
売り注文が少なくなってきたからといって、いきなり株価が上昇するわけではありません。

当たり前のことですが、投資家心理が全て日経平均株価に影響するわけではありません。
あくまでも日ごろから日経平均株価の分析をしておくことが重要です。
投資家心理に関しては、あくまでも参考程度…と思っておきましょう。

個人投資家デビューをしたあなた、おめでとうございます!
これからどんどん利益と損失を重ねていって、最終的には利益が多くなるような取引が続くことを祈っています。

そしてこれから投資家になるために日々勉強に励んでいるあなた!
きっと今の頑張りは将来につながります、ぜひその努力を身につけてください。

ところで、まだまだ投資の新米であるあなたは日経平均株価などの見方はわかりますか?
投資と日経平均株価は大きな関係があり、日々チェックを怠れない数値のひとつです。

ぜひ理解度を深めるためにも、『金融ちぐはぐクロスワード』という個人投資家のブログを参考にしてみてください。
ブログ名はクロスワードとなっていますが、クイズが記載されているブログではありませんのであしからず。
このサイトは日経平均株価や東証株価指数に連動したETFの基礎知識、さらに商品CFD、くりっく株365(株価指数CFD)、日経平均株価先物(日経225先物)といった、あらゆる投資の概要を記載してくれています。

特にそれぞれの金融商品のメリットについては役立つ内容が多く、知っておいて損はありません。
どの投資にしようか決めかねている方は、このブログ主が記載してくれているコラムを参考にすればご自分にとって一番効率的な投資が見つかるのではないでしょうか。

個人的に一番役立つ内容だと思ったのが、「商品CFD」に関するものです。
今商品CFDはじわじわと人気を挙げている取引のひとつと言われています。
なぜ商品CFDが注目されているのか、商品CFDとはどのような取引になるのか、そして取引時間についてなど、このコラムひとつで商品CFDのことがすべて網羅できる内容だと思いました。
文章末尾の「よりグローバルな視点での投資が可能」ということが、ますます今後人気に火をつける要因になるのではないかと考えます。

ご興味がある方は、ぜひ時間があるときにご覧いただければきっと有益な情報が見つかることでしょう。

銀行などの金融機関の口座にコツコツと貯蓄していく。
これが、昔から一般的な貯金の方法ですよね。
しかし、定期預金を利用したとしても、日本の銀行は低金利であることは変わりません。
要するに、貯蓄した金額以上のことを期待することはできません。

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、これが資産運用ならば当たり前ではありません。
資産運用とは、不動産を購入して人に貸したり外貨や株を売買すること。
これによって、利益を得る方法です。
上手に行えば、資本金を増やすことができますので、今とても注目されています。
本業としてだけでなく、普通の会社員や主婦が副業として行っている人も増えてきています。

今回はその中でも、人気が高い株式投資の話です。
テレビで株式投資で成功した人が取り上げられたからか?
今は株式投資もマイナーではなく、メジャーなものとなってきています。
株式投資は、特定の株を購入し金額が上がった時に売る。
この差額で利益を得る方法です。

この株式投資の中でも、ここ数年じわじわと投資家の中で人気が高まってきているのが「インデックス投資」です。
インデックス投資とは、ある株価指数と同じ値動きを目指す投資方法のことです。
日本株式ならば日経平均株価・TOPIX、外国株式ならばダウ平均やNASDAQなどが有名所だと思います。
これらの平均株価が3%上昇したら、手持ちの資産も3%上昇する。
このような値動きを目指す、投資方法です。

インデックス投資は、市場の平均値がリターンとなります。
しかしインデックス投資は、決められた株価指数に合わせて銘柄を組み合わせて商品とすることができます。
日経平均株価ならば、225銘柄を組み合わせればいいので、余計な人件費がかかりません。
そのためコストが多くかかるアクティブ投資よりも、インデックス投資家が負担する手数料なども安く済むメリットがあります。

インデックス投資は、インデックス・ファンド(「インデックス投信」「ETF」などの総称)という投資商品を購入して投資します。
ちなみに日経平均のような日本株式以外にも、外国株式・日本債権・外国債券日本不動産など、様々なインデックスがあります。
インデックス・ファンドも、それぞれに多数ありますのでお好みの物を探して糖してみませんか?